TOPICS

本校教諭の著書紹介

2018/06/27

本校地歴公民科教諭 大西信行が執筆陣として加わった著書が2冊刊行されました。1冊目は、日本史史料研究会監修・亀田俊和(編)
『初期室町幕府研究の最前線 ここまでわかった南北朝期の幕府体制』(洋泉社 歴史新書y)。
大西教諭は、『応仁の乱』(中公新書)で話題となった呉座勇一氏とともに筆者として名を連ねています。

2冊目は、長谷川修一・小澤実(編)
『歴史学者と読む高校世界史 教科書記述の舞台裏』(勁草書房)。大西教諭は、第8章「日本史教員から見た世界史教科書─世界史教科書の日本に関する記述をめぐって」を執筆しています。

ぜひご一読ください。

『初期室町幕府研究の最前線』

『歴史学者と読む高校世界史 教科書記述の舞台裏』

topic