TOPICS

模擬国連の校内実施

2019/04/27

模擬国連日吉研究会OBの中川慶様、杉村詠史様にご来校いただき、「模擬国連」を校内で実施しました。

議題は「国連カフェメニューの決定」。有志16名がそれぞれ一国の大使となり、担当国の特産物をアピールしながら協力し「国連カフェ」のメニューを決めていきました。

生徒は各国ごとのスピーチ、全体交渉、自由交渉等の場で積極的に取り組み、有意義な議論を交わすことができました。
校内で模擬国連を行うのは初めての試みでしたが、グローバルな視点から物事を考えるきっかけになったのではと思います。

中川様、杉村様、ご指導ありがとうございました。

【参加生徒の感想より】
・今回の参加で、1つの議題について話し合う面白さを感じられた。このような本格的な議論をまたしてみたいと思う。

・自分がよく知らない国について調べることで知識が深まりましたし、話したことがない人とも話せたので良かったです。他の国の大使になりきって交渉するのは、おもしろいと思いました。

・4時間にわたる議論・交渉だったので、かなり疲れました。でも、世界全体で会議するときはこのように大変なのだろうと知れて、ためになりました。

・学年の壁を一切気にせず、対等に意見を言い合えるのがいいと思った。

・全体交渉と自由交渉を繰り返すうちに、どんどん自分の意見が深まっていった。会議のイメージをつかむことができてよかった。

・相手の国の利益と自分の国の利益を一緒に考えるのが面白かった。自分の意見を主張するいい練習になった。このように意見を主張できることは、海外に行くととても重要になると思う。

・ずっと楽しみにしていたが、本当に、心から楽しむことができた。難しいところもあったが、自国のメニューが採用されてとても嬉しかった。次回も必ず参加したいです!

topic