個人情報保護方針

中央大学杉並高等学校における個人情報の取扱いについて(プライバシーポリシー)

平成17年4月1日
中央大学杉並高等学校

はじめに

2005年4月1日より「個人情報の保護に関する法律」が全面施行されました。 この法律の目的は、情報通信技術の発展によって電子化された情報が大量に生成・ 流通している今日の高度情報化社会において、個人情報を保護し、個人の権利利益を守ろうとするものです。 この法律の施行により、「個人情報取扱事業者」は以下の義務を負うことになります。

  • 個人情報の利用目的を特定すること
  • 個人情報を適正な手段により取得すること、また取得に際して本人に利用目的を通知すること
  • 個人情報の正確性を確保すること
  • 個人情報の安全管理措置を講ずること
  • 法律に定める場合を除き、第三者への提供は制限されること
  • 法律に定める場合を除き、本人からの個人情報の開示、訂正等、利用停止等の求めに応ずること
  • 個人情報の取扱いに関する苦情の処理に努めること

等です。

学校法人中央大学は、既に「中央大学個人情報保護規程」を定め、学内の各機関に「個人情報保護管理者」 を置き個人情報の保護に努めてきましたが、今後はさらにこの法律に定められた「個人情報取扱事業者」 として、中央大学杉並高等学校においても、収集した個人情報の適切な保護に努めます。 。

1.中央大学杉並高等学校(以下本校)が収集する個人情報の内容と利用目的について

本校は、教育機関として、新入生・在校生および保護者・保証人の本籍、住所、氏名、生年月日、 学籍番号等の個人情報を取り扱っていますが、これらの個人情報は、教育活動および関連するサービスの 提供のために収集し、利用します。個人情報を収集する際には、その利用目的をお知らせします。 個人情報の内容によりその利用目的は異なりますが、生徒ならびに保護者・保証人に係る個人情報の内容と 利用目的は以下のとおりです。

<個人情報の内容>
氏名、学籍番号、学年・クラス等の所属、性別、生年月日、住所、電話番号、保護者・保証人の氏名・住所・ 電話番号等の指導要録記載事項、パスワード等学内認証記号、履修・成績・進学情報、健康管理に関する情報、 進路調査に関する情報、奨学金手続きに関する情報、生徒写真等

<個人情報の利用目的>
本人確認、本人への通知・連絡、各種証明書の発行、成績・履修・進学に係わる事項や学費納入に係わる事項等、 保護者・保証人への通知・連絡、進路指導、奨学金手続き業務、卒業アルバムの作成、クラス名簿一覧、広報活動等

2.本校の教育事業に関係する団体への提供について

本校は、本校の教育事業に関係する次の団体に対して、利用目的を特定して個人データの一部を提供します。 なお、個人データの提供に際しては、適切な情報管理のための指導・助言を行います。

<提供先および提供する個人データの内容と利用目的>

  • 中央大学杉並高等学校後援会

    在校生の保護者および本校教職員により組織される団体です。体育祭・文化祭等の行事への助成、各種の資格試験を受験する際に助成を行うなど、在校生に対して様々な支援活動を行っています。 後援会の機関誌「後援会だより」の発送、会議の通知、行事の案内のために、在校生の保護者の氏名・ 住所・電話番号の個人データを提供します。

  • 中央大学生活協同組合

    学校法人中央大学の学生・生徒および教職員等を組合員として組織している団体です。 組合員の生活福利に関する各種事業案内を行っています。教科書・副読本・各種参考書購入等各種事業のために、 学年・クラス等の所属、氏名等の個人データを提供します。

  • 旅行業者

    一年生のオリエンテーション旅行、三年生の研修旅行、各種の研修・交流プログラムを円滑に実現するために、 旅行業者各社の業務を導入しています。提供する個人データは、学年・クラス等の所属、氏名・出席番号等です。

  • 健康診断業務実施業者

    一斉健康診断を円滑に実施するため、検査、集計、結果通知封入業務等を 健康診断業務取扱業者へ委託しています。提供する個人データは、学年・クラス等の所属、氏名・出席番号、身長・ 体重等身体状況を表す諸データです。

  • 各種発行物に関する業者

    卒業アルバムや論文要旨集成、海外研修報告書などの各種発行物を発行するために、写真業者、印刷業者各社の業務を導入しています。提供する個人データは、個人写真、学年・クラス等の所属、氏名、出席番号等です。

<提供の手段または方法>
帳票・リスト等紙媒体、電磁的記録媒体または郵便等の一般的な通信手段を用います。

3.利用の停止及び利用に代わるべき措置について

本人の請求により、本校の取得した個人データが、適切でない取得によるものであることが判明した場合、もしくは その利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用されていることが判明した場合は、法令に定める例外を除き、 個人データの利用は速やかに停止します。また、速やかな利用の停止が困難な場合や利用が教育上必要と判断される 場合には、利用の停止に代わるべき措置を直ちに講じます。

4.第三者提供の停止及び第三者提供に代わるべき措置について

上記「2.本校の教育事業に関係する団体への提供について」に記載された個人データの提供については、 本人からの請求があった場合には、速やかに停止します。また、上記の他、本人の請求により、 本校の取得した個人データが、法令に定める例外を除き、本人の同意なしに第三者に提供されていることが 判明した場合は、個人データの利用・提供は速やかに停止します。但し、速やかな提供の停止が困難な場合や 提供が教育上必要と判断される場合には、提供の停止に代わるべき措置を直ちに講じます。

5.開示・訂正・利用停止等の請求について

本人からの個人情報の開示・訂正・利用停止等の請求については、本校において、所定の書面により受け付けます。 請求を受け付けた「個人情報管理責任者」である学校長は、速やかに請求の可否を決定し、 申請者に決定理由を添えて通知します。

6.問合せ先

中央大学杉並高等学校 総務部  TEL:03-3390-3175(代表)
e-mail : go@chusugi.jp

topic